地獄への扉開く(*´з`)

自然となるたけ同化するのがテーマ(?)

の我々アシステレでございますが

それだけに

暑い時期にはより暑く

今日、ラジオのキャスターさんがとっても嬉しそうに

梅雨明け宣言ですーって仰ってましたが

そんなワーイ♪って気分にはとてもじゃねえが

なれねえ感じでごぜえますよ

 

お代官さまに訴え出たい(=゚ω゚)ノ

そんな気分は置いといてこんな時期だから人だけではなく

クルマもちょっとおかしくなっちゃったりするんですね

お盆で長い距離を走る前に!どんなに普段調子が良くても!

ボンネットをたまには開けてみるです

このようなのが必ずエンジンルームの中にありますが冷却水のサブタンクです

ちゃんと冷却水が入っているかMAXとMINの間に水面が来てるか

あんまり入ってないなあ、なんて時は臭いを嗅ぎます

冷却水が漏れてるときは必ず甘辛いような独特の臭いがします

見てみたら量も全然入ってないし

臭いするわ!って人おられましたら遠出はあきらめてご連絡ください・・・(*´Д`)

あとジュリエッタのオーナーさんはタンク自体のヒビや亀裂にも要注意です('◇')ゞ

 

次バッテリー

緑色(白色)の粉末のような物体がバッテリー端子周りにあったら要注意ですよ

バッテリーの中身が劣化で出てきちゃってます

こうなると寿命ですかね・・・ちなみに粉は硫酸鉛なので適当に払ったりすると

鉄に付着すれば腐食しますし、目に入ると失明の危険があります

取り扱いには気をつけましょう(・ω・)

 

タイヤも

車検あたりでお預かりしてみるとクギなどが刺さっていて

じわじわエアが漏れてるクルマが意外と多い('ω')

ガソリンスタンドでもタイヤのエアチェックはできるのでロングドライブ前に

タイヤのエア圧を計ってみてです

1輪だけ妙に低いとか要注意ですね

 

エンジンオイル

前回交換からちょっと日が経っちゃったなあ、って方はオイル量チェックです

今はねオイルレベルセンサーが装備された車種も増えましたけど

センサーだって機械ですからね

基本は目視点検なのは変わりません

オイルの減るスピードはクルマ個々によってかなり上下があるので

普段からある程度どのくらいの消費量なのか把握してるといいですよ(=゚ω゚)ノ

 

皆さんがご家族との良い休日を過ごされ愛車とも良い思い出作りができますよう

陰ながら祈願しております('◇')ゞ

 

話は変わりますが

アシステレの周りの竹林、もはや制御不能なのでは???

実に包囲されてる感ありありなのでした"(-""-)"

2019年07月29日