イタリア車を購入したらまずは点検なのです('◇')ゞ

アシステレが扱うイタリア車、アルファロメオやアバルト、フィアットは

自動車が好きな方なら一度は興味を抱かれる車種かと思います。

昔のイタリア車のイメージとは異なり信頼性も向上しましたが特有のメンテナンス必須な

事柄もあり、未だに特殊な側面を持ち合わせています。

 

新車で購入されてディーラーさんでメンテナンスしている間は安心かと思いますが、

中古車で購入の場合は要注意です。

まず気にしなくてはいけないのがタイミングベルトの交換時期が整備記録として

残っているか?(フィアットのツインエアエンジンやアルファロメオ159のJTSエンジンなど

タイミングチェーンのため交換サイクルが長い車種もあります)

その他一般的な事柄ではありますが、タイヤの溝の残りやブレーキパッドやブレーキディスクの

残量、状態や冷却水の漏れがないかなど何かトラブルが起こる前に点検しておいた方が良い事は

多くあります。

 

アシステレにも購入したは良いが整備履歴がわからないので

どこか悪い所が無いか点検してほしい、あるいは納車されたけれど

不具合が発生して困っている、などのお問い合わせを頂く機会が多いように思います。

そういった場合、ご要望として特定箇所だけでなく、広く点検してほしいとご依頼いただく

ことが多いのですが、アシステレでは独自の1年点検をいつもお勧めしております。

アシステレの1年点検は基本項目だけ形どおりに点検するのではなく、

車種ごとのウィークポイントを重視したより実情に沿った形での点検を実施しております。

不具合個所や要整備項目はいったん見積もりとしてオーナー様でお知らせし、説明や相談の上

実際の作業項目を決めております。

一年点検の料金についても気軽にご用命いただけるよう11,000円(税込み)と

リーズナブルな設定としております。

 

これから一緒に楽しい時を過ごすであろう愛車のこと、

何か大きなトラブルが起きて嫌いになる前に是非一度きちんとした点検を

ご検討ください。

皆様からのお問い合わせ、お待ちしております。