GUN-KOTEによるブレーキキャリパー塗装等

アルファロメオで良くリクエストいただく項目にブレーキキャリパー塗装があります。経年劣化によりキャリパーの表面塗装が

劣化し見た目にも寂しくなってしまいます。

今までは耐熱塗料や通常の塗料で塗装する選択肢しかありませんでしたが、アシステレでは主にオートバイなどのパーツ塗装に使われて

いた「GUN-KOTE」を自動車パーツに転用することによってよりクオリティの高い塗装を実現いたしました。

※GUN-KOTEとは

アメリカ軍の指定塗料で文字通り銃器のカモフラージュ塗装などに使用されています。

通常の塗料より硬度、耐溶剤性、放熱性の面で遥かに優れています。

その硬度は9Hで通常の自動車塗装の2~4倍の硬さを誇ります。

塗装工程の中で専用の窯により焼き入れの過程があり、分解脱着によりゴム製パーツの取り外しが必須です。

(パーツ単品のお持ち込みも受け付けております。)

下部画像2枚は実際に全日本モトクロスシリーズ選手権出走車にGUN-KOTEを施工した事例です。

施工部位 施工価格(脱着工賃別)
フロントブレーキキャリパー左右塗装
(ブレンボタイプ)
40,000円
フロントブレーキキャリパー左右塗装
32,000円
リヤブレーキキャリパー左右塗装 26,000円
エンジンヘッドカバー塗装 30,000円
エンジンサージタンク塗装 30,000円
※表示価格は全て税抜きです。

※その他の部位も施工可能です。ご希望があればお問合せください。

 

※その他の車種・作業のご希望、お問合せなどございましたら下記ボタンよりお問合せフォームまでお越しください。

※代車(無料)の用意もございます。台数が少ないため、必要な場合は予めお問合せください。